トップページ
    エスペラントとは  
 

エスペラントとは?

エスペラントとは、1887年にポーランドの眼科医 Ludviko Lazaro Zamenhof によって発表された世界共通語です。文法が16しかなく簡単で、大変合理的に作られた中立的な人工語です。世界での使用者数、約数十万人。毎年世界のどこかで世界エスペラント大会が開催されています。
 
 "Ne forgesu, ke Esperanto estas ne sole simpla lingvo, kiun chiu el ni uzas nur por siaj propraj bezonoj, sed ke ghi estas grava socia problemo." --- L. L. Zamenhof
 
 「エスペラントは、われわれ各自が自分自身の必要のために用いる単なる言語であるばかりでなく、それはまた重大な社会問題であるということを忘れてはならない。」--- ザメンホフ
 
 
            
 
 
 
 
 
 
エスペラントで何ができるのか?
例えば:
 
 P 手紙やEメールで世界中に友達ができます。
120ヶ国、数十万人のエスペランティストの中から、「(財)日本エスペラント協会」などがペンフレンドを紹介します。手紙やEメールによって地球上の隅々の人たちと交流でき、他民族の文化や考え方、さらには趣味などを互いに紹介しあい、こころの通う真の友達を作ることができます。
 
 P パスポルタセルボは「格安旅行パス」です。
「世界エスペラント協会」には「世界青年エスペラント機構」が組織され、76ヶ国に無料で宿泊できる約1000世帯の家庭が、小冊子『パスポルタセルボ』に掲載され、世界中で家庭料理をいただきながら歓談できます。外国からのエスペランティストの訪問を待っています。
 
 P 貴方も世界エスペラント大会で感動できます。
昨年はイスラエルのテルアビブで、今年はクロアチアのザグレブで、来年はブラジルのフォルタレザで、というように、毎夏1週間、世界の主要都市において「世界エスペラント協会」主催の『世界エスペラント大会』が開催されます。70ヶ国、3000人を越える人たちが参加する会場で、一つの言語を使って互いに理解しあえるのは実に感動的です。